地方都市におけるサイネージのこれから

ドブリー イトロ。

チェコ語であいさつしてみました。

チェコスロバキアといえばCZ75という銃の性能がいいらしい、というのは
漫画で得た知識の話で残念ながら活用できるところがありません。

閑話休題。

今回は地方都市におけるサイネージについて思っていることをつらつらと。

広島県は近年ようやく広島駅近辺の開発が進みましたが、それまでは
「中心部のはずの駅前がさびれている」と言われることもよくありました。
デジタルサイネージといえばやはり人通りの多いところにこそ設置されるものですが、
駅がそんな状態だったので急に導入されたりもせず、正直後進のほうだったと思います。

最近の駅ビル開発により大量のデジタルサイネージ導入となり、今後弾みもつくのでは
ないかと期待していますが、「結局大々的にやるのは東京などから導入する」となると
あまり地元企業にデジタルサイネージ実績が根付かないので地産地消とまではいかなくても
こちらのほうで頑張ってほしい、というか仕事がほしいと思います(笑)。

最近は大型ショッピングモールの建設も相次ぎ、数多くのテナントがデジタルサイネージを
導入しています。といってもこれも本店主導のパターンが多い様子。
やはり問題となるのはコンテンツでしょう。
本店でCMなりムービー素材なりを持っているのでそれを使う、となれば敷居が低いのですが
支店でオリジナルコンテンツを作れとなっても…というところでしょうか。
(一番は「スタッフの仕事が増える」と思われることかも?)

とはいえそこまでクオリティが高くないとしても最近のアプリケーションの充実を考えれば
思った以上に簡単にできる
と思います。ぜひ弊社にもご相談くださいませ。




増えてる?減ってる?デジタルサイネージ

アンキモ、アンキモ、アンキモ!


世界のあいさつネタが尽きてきたため、
謎の呪文と共に登場しました。日本サンライズのカワサキです。

さて、デジタルサイネージも、さすがにここのところよく見かけるように
なりました。東京オリンピックまではグイグイ伸びる、と言われておりますが、
地方ではその恩恵にどれくらい預かれるのか、謎です。

最近増えてるな、と思うのは主に以下の二つです。

●新しいビル、商業施設
●商店街の店先

新しい建物は最初の電源やLAN工事などとセットにできるので導入しやすいですね。
逆に後からだと配線のために大がかりな工事が必要になったり、という可能性が
あるので大変です。
商店街の店先は、チェーン店などの場合グループ全体で導入したので
置いている、ということも多いですね。

ただ、どちらにしても問題なのはコンテンツ。
目を引く動画素材であったり、静止画でもこまめに更新してあったりすると
よいのですが、同じものを延々流しているとあまりインパクトがありません。

ポスターだって破れたり色褪せたりしたものでは効果がないどころか、
逆効果とも言えます。色褪せないのはデジタルサイネージのいいところですが、
やはりせっかくなので発信はこまめにやりましょう!






街で見かけたこんなサイネージ 16

ドバル デン!

マケドニア語でこんにちは。
マケドニアといえばアレキサンダー大王でしょうか。それ以外に知っているのかといえば知りませんが。

ということで街サイです。
今回は東京です。眠らない街・新宿です。
街が眠る眠らないをどこで判断するのかはよくわかりませんが、まぁとにかくあの新宿です。

IMG_7757.jpg


マルチ24画面という非常に大規模な形です。
もはや壁全体が動いているというくらいのインパクトがありそうですね。


推測の感じになっているのはこの画像が同僚から提供されたものだからなんですが。
40~50インチ級のモニターだということで、ガラス越しの設置ということを考えると、
熱対策もかなり念入りに行われているのではないかと予測します。

オリンピックに向けて活況になると言われたサイネージですが、ある意味
当たり前のものにもなってきているのではないでしょうか。
その場合単純な大きさやコンテンツによっていかにインパクトを出していけるか、と
いう部分が鍵になりそうです。








街で見かけたこんなサイネージ 15

どうもどうもどうもどうもどうもどうも。

久しぶりなので勢いでごまかしてみました。

さて久しぶりの街サイです。
というかこういった略称を使っているのはいいですが
まったく浸透していません。自分にすら。怒り新党……は終わりましたね。

出張中に見ましたこちらです。

DSC_2585.jpg

駅の通路の上部に、両面サイネージが設置してあります。
両面タイプが壁面にある、というのはなかなか珍しいように思います。

これも通路を通る人が非常に多いからこその媒体ですね。

気になるのは高さと間隔の短さでしょうか。
あまり見られていない感じがあります。まぁ人が多いことと何台もあり遠くから認識できることで
そのへんをカバーしているのかもしれません。

それでは今回はこのへんで。

設置しました。

ブーナ ディミニャーツァ 。

ルーマニア語でご挨拶して見ました。ルーマニアといえばヴァンパイアの伝承でしょうか。
まぁそれしか知らないだけですが。ちなみに「ドラキュラ」は「ヴァンパイア」の中の一個体であって
総称ではありません。ざますざます。

さてどうでもいいお話のあとは久しぶりに設置実例です。

s-DSCN4435.jpg


上記の写真は60インチのタッチディスプレイです。
中国電力様の「ぐっとずっと。クラブ」および「オール電化」のアピールのために、制作されたオリジナルムービーを閲覧できます。

今回は機器の選定とタッチ用コンテンツ作成、さらに設置工事までお手伝いさせていただいています。
サービスの紹介なので内容は大人向けですが、お子様にも気軽にタッチしていただけるようポップな雰囲気で
コンテンツを作成しました。

60インチとなるとなかなかの重量なので設置は3人で行いました。
私も運びましたが腰が悪いのでヒヤヒヤものでした…。

ご興味ございましたらご相談くださいませ。





あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

すっかり沈黙していた、というかまぁストレートに言うと放置していたこのブログですが、
ひさびさに更新しました。

というのもなかなか設置を手伝ったところでも撮影許可が下りなかったりして
ネタ不足のままでやっていまして。

今年は何とかネタを増やしていきたいと思います。

街で見かけたこんなサイネージ 14

サェン バェ ノー!

モンゴル語でごあいさつ。モンゴルと言えば横綱!というかモンゴルマン!
モンゴルマンはどのあたりがモンゴル的だったのか今考えるとよくわかりません。
モンゴリアンチョップも使ってなかったし。
モンゴリアンチョップといえば、BECKですね。この話はどこへ向かうのか。


閑話休題。


さて今日の街サイは某ショッピングモールにて見かけた1台。
入口近くなので人の滞留があるわけではないのですが、目には留まるかと。
サイズも大き目です。
DSC_2125.jpg

ただ正直けっこう地味な扱いになっている感はあります。
ショッピングモール内に設置するものは、パターンとしては
「施設内の案内」や「イベントの案内」、「ショップへの誘導」が考えられるわけですが、
これは施設自体のインフォメーション用ではないため(出資が別)、やや引っ込んでいるのかな、
と推測されます。

人通りはあるはずなのでインパクトあるコンテンツを流せれば
充分費用対効果は期待できると思うのですが。

それでは今回はこのへんで。



街で見かけたこんなサイネージ 13

フジャムボ!

スワヒリ語でフジャムボ!(こんにちは)
何となくジャングル黒べえの呪文のような響きですね。
とイメージだけで語って調べてみると、あちらは「ウラウラベッカンコ」でした。全然違う。

1444549552569.jpg

久しぶりなのもたいがいにしろと言われるくらいの更新頻度ですが、
またまた懲りずに「街サイ」です。

某スーパー内の案内ですね。
スーパーだと売り場のすぐ近くに7インチほどの小型映像を流しているものが
多いようなイメージなのですが、こちらは店内の取り組みを紹介するためですね。

まぁよく見れば店はモロバレですが…。
商品だけに寄った情報は商品の近くが一番わかりやすいのはもちろんだと
思いますが、店内全体の情報としてはこういった形で大きく出すのがいいですね。
社会的な取り組みの紹介などイメージアップはもちろん、全体的なフェアや
ポイントカードの紹介
など、やはり絵があるとわかりやすいものです。


それでは今回はこのへんで。

街で見かけたこんなサイネージ 12

閉鎖したかと思うくらい動いてないこのブログですが、
GW前にして復活させました。

世界の挨拶すらない状態ですが。

さて、ひさびさの「街サイ」です。

1452837941521.jpg

ブティック的な店、いやアパレル?ショップ?ブランチ?まぁよくわかりませんが
とにかく服を売る店咲にちらっと置いてあるのがこちら。

イーゼルと額縁をセットで、あまりデジタル感を出さないようにされている印象です。
画面が切り換えられるのはいいが、もろにモニターだと武骨で味気ない、と感じられる
場合にはこんなやりかたも可能、という例ですね。

実際にはモニターに合わせた額縁枠作成が必要になります。
イーゼル方はけっこうスタンダードで販売されていますので
ご興味のある方はぜひお問い合わせくださいませ。



サイネージ設置例

2016年になりはや1ヶ月が過ぎようとしております。

長らくご無沙汰しておりました。

久しぶりの更新です。もはや月刊どころか季刊くらいの勢いになりつつあります。

さて、では今回は弊社設置事例からご案内いたします。

s_DSC_1606.jpg

スタンドアローン型のサイネージを入口と店内にそれぞれ1台ずつ設置しました。
外では注目を集める役割、中では待ち時間に情報を見てもらう役割です。

ネットワーク型だとどうしても設置前の準備がいろいろかかりますが、
スタンドアローン型なので必要なのはコンセントだけでOKです。

データの準備は店内のPCで行えるということでこのような形での採用となりました。

ショップサイト

プロフィール

日本サンライズの中の人

Author:日本サンライズの中の人
広島で電気工事や太陽光工事や携帯基地局工事をしてる会社です。デジタルサイネージも提案から設置まで請け負っています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
日本サンライズラインナップ







最新コメント
天気予報
カウンター